例えばこのような心配はありませんか?

●ことばが遅い(2語文、3語文の文章で話すことが多い、あまり話さないなど)
●指示や言いつけに従うことが難しい
●同年齢の子ども達と遊ぶことが難しい
●じっとしていられず、すぐに動き回ってしまう

日常生活の中で、お子さんのことばや理解の遅れがみられたり、コミュニケーションの
苦手な面が見られ、小学校での集団生活に心配や不安がある場合、日本人会クリニック
にて臨床心理士による相談、検査を受けることができます。

*検査(日本版WISC-Ⅳ)について

日本版WISC-Ⅳは児童用知能検査で知能指数(IQ)を算出することができ、お子さん自身の得意とする能力と苦手とする能力が見えてきます。また、知能指数だけでなく検査場面での行動特徴、集中力、多動性、衝
動性、こだわり、手先の不器用さの有無等も観察します。

知能的には普通に見えても、それぞれの能力の差が大きい場合、学校生活でお子さん自身が困ったり、つまづいてしまうことがあります。WISC-Ⅳを行うことで就学後の学習面や生活面での支援の参考にすることができます。

対象となるのは5歳〜16歳11ヶ月です。

検査にかかる時間は、お子さんによってもかわってきますが、おおよそ90分です。

*ご予約方法

まずはお電話にてご連絡下さい。

最初に医師との診察がありまして、その後、臨床心理士との面談、必要に応じて、検査を実施いたします。
予約のお時間は調整いたしますので、詳細はお問い合わせ下さい。

連絡先:シンガポール日本人会クリニック
6467 0070 / 6469 6488